こんにちは。スタッフのriceです。

自分は仕事でいろいろな施設様に行かせていただいているのですが、同じ部位で撮影方法が病院によってずいぶん
違うということに遭遇します。

先日は頸椎のレントゲン撮影に関して、いままで自分はFFD150cmくらいで撮っていたのですが、200cmで撮影するケースに出会いました。ルシュカ関節がうまく描出されるとのことです。

その都度新たな発見とともに勉強させていただいています。

放射線技師職は一生勉強と学校時代にならいましたが、その通りだと思います

これから年末で、忘年会等々イベントがさまざまありますが、みなさま体調にはじゅうぶんお気を付けください

今年度の自分のブログもこれにて終わりになります。

ありがとうございました

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック